· 

大阪から岡山日帰り|2018年春18切符の旅

先日、10年ぶりに18切符の旅へ。

今年は既に2度目の利用。

怒涛の3月前半を終え、少々羽を伸ばして・・・静岡と岡山へ。

今回は岡山行き移動の備忘録。

 

行き先は岡山県備前市 旧閑谷学校+α

学生の時から行きたかった所。

いざ行ってみると、

大阪から日帰りも無理なく可能なところでした。

ローカル線に揺られながら過ごす時間、癖になりそうです。

 

▶新大阪-閑谷学校-大多府島-新大阪 全300㎞!

今回は現地でも公共交通機関の利用のみだったので、

乗り継ぎの関係で急いだり・ゆっくりしたり。

新大阪を出発して帰ってくるまで12時間半。

ほぼ半日で大阪~岡山(備前)の日帰り旅を満喫しました。

上の地図では新幹線ルート表示になっていますが、18切符利用なので実際はのんびり在来線利用のルートです。岡山県と言っても、かなり東寄りの位置なのが分かると思います。

開通30周年の瀬戸大橋のかかる淡路島と比べるとほぼ関西圏ですね。ちなみにオリーブで有名な小豆島のほぼ真北に位置します。

 

▶行程備忘録

※2018年3月末時点

【新大阪→吉永→閑谷学校】

6:16 新大阪 発

 | JR姫路行き

7:56 姫路 着

8:01 姫路 発

 | JR山陽本線 岡山行き

8:51 吉永 着

9:00 吉永 発

 | 備前市営バス¥200

 | ※平日、土日祝で運行状況が変わります

9:11 閑谷学校 着

<見学>

【閑谷学校→伊里→日生→大多府島】

11:13 閑谷学校 発

 | 備前市営バス¥200

11:27 伊里 着

11:45 伊里 発

 | JR赤穂線

11:51 日生 着

<昼食> ※日生駅から船乗り場まで徒歩15分

14:15 日生 発

 | 定期便(船)¥610

14:45 大多府島 着

<散策>

【大多府島→日生→新大阪】

15:40 大多府島 発 ¥610

 | 定期便(船)

16:15 日生 着

16:51 日生 発

 |(赤穂、姫路で乗り換え)

18:49 新大阪 着

 


▶閑谷学校へのアクセス

(詳しくは閑谷学校HPアクセスへ)

公共交通機関を利用した閑谷学校へのアクセスは2通り

  1. 吉永駅(山陽本線)から南下
  2. 伊里駅(赤穂線)から北上

今回は、もう次の目的地(大多府島)のアクセスも考えて1.吉永駅から南下する方法を選びました。

 

→備前市営バス¥200

  1. 吉永駅から片上駅行き(12分)
  2. 吉永駅から伊里駅行き(8分)
  3. 伊里駅から吉永駅行き(14分)
  4. 片上駅から吉永駅行き(15分)

(1.4は土曜日の本数が1日1便なので行程に影響しそうです。)

 

ちなみに徒歩の場合、吉永駅から45分程度の道のりのようですが、

個人的にはバスに乗って正解だったかなという印象です。

吉永駅を出れば正面にワゴン車(バス)が待ち構えてくれています。

迷わず乗車!

閑谷学校のバス停下車後、橋を渡って見学受付まで徒歩5分程度。

帰りのバスの時間を確認していざ見学へ!


ダウンロード
備前市営バス時刻表 (旧閑谷学校発着)
備前市TOP > の中のくらしの便利帳 > の中の路線案内 >より抜粋
時刻表H29.10.1現在
bus.pdf
PDFファイル 58.8 KB

小休止)

行きと帰りで時間間隔が違うなぁと感じたので

改めて比較してみると、新大阪-姫路間で40分の差!

2倍とまではいかなくとも結構な差ですね。

 

どうも新快速が運行していない時間帯があるようで、早朝から始動しようと思うと快速での移動になるため、所要時間は要注意です。

 

 

 

 (今回の目的だった旅の行き先、閑谷学校は次回へつづく)

 

仕立建築舎 平賀